学問中心の組織

日本医師会と合体した日本医学会の活動は学問中心で行っています。

日本医学会とは

明治35年(1902)4月2日から5日まで、16の分科会が合同して第1回日本聯合医学会を上野の東京音楽学校において開催した。これを公式に本会の創設日とする。第3回からは日本医学会と改称し、以後4年ごとに開催、今日に至るまで連綿と継続されている。ただ、昭和22年開催の第12回総会のみ、終戦直後のため1年延期された。その12回総会で日本医学会の常設・恒久化が決議され、昭和23年3月8日に改組途上の日本医師会と合体した。日本医学会の活動は、あくまで学問中心で、その会員制度は学会単位の加盟である。現在、105分科会(別項参照:分科会一覧)を擁している。

会員制度は学会単位の加盟

日本医学会の会員制度は学会単位となり、現在、110分科会となっています。

目的と事業

日本医学会は「医学に関する科学および技術の研究促進を図り、医学および医療の水準の向上に寄与する」を目的に以下のような事業を行っています。

  1. 日本医学会総会の開催
  2. 日本医学会シンポジウムの開催
  3. 医学および医療に関する情報の収集と伝達
  4. その他学会の目的達成上必要な事業
神戸神奈川アイクリニック
適応検査から手術までを1日で行うことが可能。業界最安値の低料金8万円〜。
検査予約はこちら
神戸神奈川アイクリニック
SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんもおすすめ。業界屈指の低料金。生涯保障の安心感。
検査予約はこちら
SBC新宿近視クリニック