メガネをかけずに視力が回復します

メガネやコンタクトレンズといった矯正器具を使わずに裸眼の視力がアップするという夢のような状況を実現できることがLasikです。

角膜にレーザーを照射して形状を変えます

レーシックの仕組みとはエキシマレーザーという医療用レーザーを角膜に照射して形状を変化させます。この変化で網膜でピントが合うようになり視力が回復できるのです。

レーシックについて

視力UPで人気のレーシック。実際にどういうものかご存知でしょうか? ここではその特徴を説明いたします。

主流はイントラレーシック

レーシックで角膜上皮にフラップという薄いフタを作ります。このフタをめくってエキシマレーザーを照射します。その種類はいくつかあり、以前はマイクロケラトームというカンナのような器具でフラップを作る術式が多かったのですが、最近はイントラレースというコンピュータ制御されたレーザーでフラップを作る方式が主流となっています。

また古くはフラップを作らないPRK手術という術式も行われていましたが、その精度はレーシックに劣るため角膜が薄いなど特殊な状態を除いて普及しておりません。

費用は両眼8万円〜30万円台と幅広い

自費診療であるため全て自己負担であるということをまず認識しておく必要があります。そのためクリニックにより手術費用やアフターケアに差があります。安いから一概にダメであるとは言い切れませんが、保証内容は把握しておく必要があります。術後の視力低下という可能性は0ではありません。この場合再手術が有料であるかどうかはクリニックにより異なります。

リスクはあるけど失明はしません

レーシックはある程度のリスクは存在します。特に術後一定期間は夜間の見えづらくなったりドライアイになる可能性があります。これら合併症などのリスクを十分理解した上で行うようにしましょう。

またよく「失明するのでは?」といった声を聞きますが、レーシックは角膜表面に対する施術となり、視神経など視力に関わる部分には一切施しません。そのため適切に治療をする限り失明するということは論理上ありえません。

適応検査は無料です

大手と呼ばれるクリニックではレーシックの可否がわかる適応検査を無料で受けることができます。適応検査をしたからといって必ず手術をする必要はありません。その可否を調べるだけでも受けてみるのもいいでしょう。

神戸神奈川アイクリニック
適応検査から手術までを1日で行うことが可能。業界最安値の低料金8万円〜。
検査予約はこちら
神戸神奈川アイクリニック
SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんもおすすめ。業界屈指の低料金。生涯保障の安心感。
検査予約はこちら
SBC新宿近視クリニック