失明することはありません

レーシックの手術とは角膜の表面にのみ行います。眼球内部には一切治療を施さないため、専門医による適切な手術であれば、失明の危険性は限りなくゼロに等しいといえます。

安全性は証明されています

全米では症例数が年間130万件を超えています。最新技術のアイレーシック(iLasik)はNASAも承認した治療法となります。また日本でも2000年1月に厚生省(現:厚生労働省)がエキシマレーザーによる矯正手術を認可するなど安全性が確認されています。

主な合併症

とはいえレーシックはリスクや合併症が全くない訳ではありません。ここでは代表的な合併症を説明いたします。いづれも一時期的なもので時間の経過と共に徐々に改善されます。

ぼやける・見えにくい
手術直後は特にぼやけたり見えにくいということがあります。
異物感・しみる感じ・痛み
手術当日はこれらの症状を感じることがあります。
夜間の見え方・にじみ
夜間にハロやグレアという状態になることもあります。ハロとはにじんで見える状態で、グレアはまぶしく感じることです。明るい場所に比べて暗い場所で視力の低下を感じることがあります。
ドライアイ
レーシックの際のフラップ作成やエキシマレーザーの照射により神経細胞が一時的に遮断されることがあります。この場合神経細胞が修復されるまでの間にドライアイとなることもあります。
白目の出血(球結膜下出血)
手術中に眼球固定をしたときに白目の出血が起きることがあります。およそ1〜2週間程度で自然に消えます。
老視の自覚
45歳以上の方は手術後に近くのものが見えにくくなることもあります。

痛みはほとんどありません

レーシックの手術時間は10分ほどです。点眼麻酔をするため痛みはほとんどありません。

近視の戻りは約3%程度

手術後にまれに視力が低下して近視の戻りが発生することもあります。保証期間内の再手術が無料となるクリニックなら再手術をして再び視力を回復させることができます。

神戸神奈川アイクリニック
適応検査から手術までを1日で行うことが可能。業界最安値の低料金8万円〜。
検査予約はこちら
神戸神奈川アイクリニック
SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんもおすすめ。業界屈指の低料金。生涯保障の安心感。
検査予約はこちら
SBC新宿近視クリニック